医学生・研修医を応援するサイト 医師学

医学用語略語辞典など配信中!

医師学について

学で学ぶ

近年の医学・医療における知識と技術は拡大する一方です。
情報は細分化し、新たな視野に立った学問領域や診療分野も生まれています。
その中で、学習内容は精選され、学習方法もより洗練されたものを求められています。

医師学【いしまなぶ】は、インターネットでそんな大切なお手伝いができればと考えています。

SPICES【スパイシス】

Harden, S.が20年前に提唱した学習方略の理念の一つで、

Student, Problem, Integrated, Community, Elective, Systematic

の頭文字を示したものです。

学習方略には、学習者が各SBOに到達するために、必要な学習方法の種類と順序が具体的に示されます。
その際、

【S】学生中心に【P】問題志向型で【I】総合的に【C】地域基盤型で【E】選択科目を考慮して【S】計画的に

学習方略を立てることが望ましいとされています。
従来の学習カリキュラムは、ともすると、教師中心で、情報収集に捉われ過ぎ、学科中心で、病院基盤型で、全科目必修で、場当たり的であった為、SPICESによる学習方略が大切になります。

MENTOR【メンター】

MENTOR【メンター】

ギリシア神話で、オデュッセウスがトロイ戦争に出陣する際、自分の子供テレマコスを託したすぐれた指導者の名前メントール(Mentor)から、

若年者や未熟練者が仕事・人生について何でも相談でき、適切な助言と励ましを与えてくれる存在のことをMENTORと呼ぶようになりました。

MENTORは、診療のことで困っていたり落ち込んでいたりするとき、また、進路のことや家庭との両立のことなど、自分の将来について不安に感じているときなどに親身な相談や的確なアドバイスを与えられるような大切な相談相手を示しています。

ページトップへ

RETREAT【リトリート】

RETREAT【リトリート】

日常の場では日々、目前の仕事に追われて、自分を顧みることは大変難しいものです。

時には仕事場を離れ、別の場所から自分を見直してみるRETREATが必要です。

川を下る舟に例えると、乗ったままで流されている自分を客観的にみることは難しい。しかし、少し窪んだ入り江に舟を入れ、川の流れを見ると、今まで見えなかったものが必ず見えてきます。医療は人々が本来持つ健康な流れを取り戻すためにあります。細かな一つのミスも許されない厳しい世界ですが、だからこそ、そのディテールを見失わないために、大河を眺める余裕を持つことは大切な仕事の一つに違いありません。

ページトップへ