医学生・研修医を応援するサイト 医師学

医学用語略語辞典など配信中!

医療コラム

実践法律基礎講座 【 “患者クレーム”に強くなる! 】

「鞭打ち症状の長引く患者」初診時の面接 No.54

2010年01月28日

 

◆都心のビルで開業する院長Dは、院内で転んだ患者から通勤タクシー代として60万円を騙し取られ、取り戻しの交渉に当たった長女の皮膚科医は、見事に決定的証拠を掴んで帰ってきた。しかし、相手が無資力のときは、裁判に勝っても何も取れないことを、弁護士から聞かされた。

◆「やっぱり」 長女は肩を落とした。

「で、大先生は、何とお考えですか?」

「たとえお金が戻らなくても、私たち二人の授業料にする、というように・・」

「さすが、お父さんですね」

「裁判をしないとなると、これで終りでしょうか。何だか尻切れトンボみたいな・・」

◆「本件は、これで80%は終わりになるでしょう。弁護士と相談して、告訴まで用意していることを伝えているのですから」

「では、残りの20%はどういうことになるのですか?」

「性懲りもない場合です。60万円を返さないばかりか、また入院費なども要求してくる場合です。『どうせ告訴なんかしないだろう』なんて、高をくくって・・」

「では、どうしたら・・?」

◆「しっかりした示談書を作り、それに署名押印してもらうことです。示談交渉の最終仕上げのスキルということです」

「すると、どうなるのですか?」

「損害賠償として民事裁判を起こしても、裁判所で門前払です。つまり、却下です。また、あなた方に纏わりついて直接に請求しようものなら、今度こそ本当に告訴になります。今までの60万円の詐欺罪の他に、今回の脅迫罪ないし恐喝罪も問題になります」

◆「では先生、そのしっかりとした示談書のモデルを示していただけますか。それに従って、私なりに示談書を作ることができると思います」

「若先生も、見違えるほど立派になられましたね。では、示談書のモデルを作ってあげましょう。しばらく待っていて下さい」 言い残して弁護士は応接室を出て行った。

◆30分ほどで戻った弁護士から渡された1枚の書面を、長女は熟読した。

「先生、タイトルは『確認書』とありますが、示談書とどう違うのですか?」

「同じです。示談書も和解書も、念書も確認書も、みな『契約書』として同じ法律効果を発揮します」

◆「事件のことですが、『平成□□年□月□日に乙の診療書内で発生した事故』とありますが、こんな抽象的でよろしいのでしょうか。曖昧なような、あっ、失礼・・」

「いいのです、事件は特定できればね。あまり生々しく書かないほうが、署名するときにも心理的な抵抗が少ないですから」

◆「確認条項のところですが、『甲および乙は、互いに本日の現状を確認の上、以後両者間に一切の権利義務のないことを確認しました』とありますが、こんなに簡単でいいのですか」

「本件は、互いにお金の遣り取りがないので、これでよろしいでしょう。敢えてタクシー代とか授業料とか、損害賠償などと言う必要はありません」

◆「先生、有難うございました。私、きっと彼から署名押印を取れると思います」

「これからの時代のドクターには必須なスキルと言えそうですね。頑張って下さい」

  

コラム著者: 三輪 亮寿 (みわ りょうじゅ)
久智行(医師・博士(医学)・法務博士(専門職))

三輪亮寿法律事務所 弁護士・大分大学医学部 講師

経歴:
1955年(昭和30年)東京大学医学部薬学科卒業。
製薬企業の研究所に勤務後、弁護士。現在、三輪亮寿法律事務所所長。一貫して病院側に立って業務を行ってきた。

著書:
・後悔しない医療:インフォームドコンセント法律講座
・MRSA訴訟の概説
・美容医療の法的基礎知識
・薬事法学講座I.II
・個人情報保護法ハンドブックQ&A集
・もしも あのとき:医療過誤判例Q&A

 

ページトップへ